ボリビアのウユニ塩湖

最近になって人気の高まってきている旅行先があります。ボリビアのウユニ塩湖もその一つです。ボリビアとは南米にある国ですが、南米で旅行したい国、旅行してみたい観光スポットというとどこを思い浮かべるでしょうか。もちろん人によって違うでしょうが、例えばペルーのインカ帝国の遺跡マチュピチュ、あるいはナスカの地上絵、ブラジルの大自然であるアマゾン川流域、それにブラジルとアルゼンチンとの国境にまたがるイグアスの滝といったあたりが主流でしょう。

もしかすると、ギアナ高地に行ってみたいとか、南米大陸から離れるとガラパゴス諸島やモアイのイースター島というのも南米大陸からアクセスできるスポットではあります。さらには南極大陸へ行くための拠点として南米を考える人もいるかもしれません。

これくらい南米大陸の観光スポットを知っている人でも、なかなかボリビアのウユニ塩湖というのは出てきません。そもそも知っている人が極めて少ない、まだ知られざる観光スポットなのです。

ウユニ塩湖ってどんなところ?

実際にどんなところかというと、標高4000メートル近い場所にある一面が塩で覆われた大地、平原です。湖という名前が付いてはいるものの、普段は水をたたえてはいません。一面が塩であり、真っ白な大地が地平線にまで広がっているのです。これだけでも壮大な眺めであることは間違いありませんが、実はこのウユニ塩湖の魅力はそれだけでなはなく、湖という名前がついていることは伊達ではありません。

ウユニ塩湖が本当にすばらしい、地球の反対側であってもわざわざ行く価値があると思わせるのは、雨が降ったときです。一面の塩の平原の上に薄く水がたまることで、ちょうど鏡のようになるのです。何か自分が海の真ん中に立っているような不思議な錯覚にとらわれます。

さらに、夜になると雰囲気は神秘的なものに変わります。星空が塩湖にも反射し、今度はそれこそ自分が宇宙の中に浮かんでいるように感じられるのです。

ウユニ塩湖に行くオススメの方法は?

ここまでウユニ塩湖の魅力について説明してきましたが、こんなに素晴らしいところだったら、私もウユニ塩湖に行ってみたい!と考える人もいるのではないでしょうか?

そこで、ご紹介したいのはユーラシア旅行社のウユニ塩湖ツアーです。

世界のパワースポットや秘境への旅行の玄人が好むと言われているユーラシア旅行社では、ウユニ塩湖の「塩のホテル」に宿泊できるツアーを企画しています。それだけではなく、旅行者の方にウユニ塩湖の魅力を存分に味わってもらうための工夫がツアーの随所に盛り込まれています。

ありきたりの旅では満足できない成熟した旅行者向けに、遺跡・自然・伝統文化など知的好奇心を満足させるオリジナルツアーを開発・提供している。特に、60代を中心とした熟年層の旅行者をメインターゲットとして「サハラのオアシス・ガダメスとリビア探訪」など他の旅行会社にはないユニークな企画でリピーターを増やしている。 業界では5番目の株式上場企業となった。

ユーラシア旅行社のWikipedia

例えば、ウユニ塩湖に行くのであれば必ず見ておきたいのが、その星空なのですが、限られたツアー日程では必ず天候に恵まれるという保証はどこにもありません。これはある意味では運に任せるしかないのですが、そうは言っても、できることならウユニ塩湖の地平線まで続く神秘的な星空を見たいと、誰もが思うことでしょう。
ユーラシア旅行社のツアーでは、そんな要望を叶えられる確率を少しでも高くするために、すべてのツアーで2回の星空観賞の日程を確保しています。

その他にも、ウユニ塩湖の中にある「インカワシ島」「塩の目」「モントネス・デ・サル」などの数ある有名スポットも、網羅しています。

今や、地球の裏側と言っても全く手の(足の)届かない場所ではなくなりました。皆さん、是非ウユニ塩湖を訪れて、その魅力を堪能してみて下さい。