通称、竜の背中「万里の長城」

世界の観光地の中でも圧倒的なスケールを誇るのが中国にある「万里の長城」です。万里の長城は、秦の始皇帝が造らせたと言われ、全長6000kmにも及ぶ人類の歴史の中で最大の建造物です。

その道は龍の背中とも例えられ、北京郊外を東から西へ龍がはうように横たわっています。中国では最も有名な遺跡と言われ、1987年にはユネスコの世界遺産にも認定されました。その歴史は古く、紀元前7世紀ごろの春秋戦国時代にはすでに万里の長城の元になる土塁や土壁があったと言われています。そして、それを修繕しつなぎ合わせるように命じたのが秦の始皇帝です。国境において他民族の侵入を防ぐ目的で長大な城壁が造られたのです。

全長6000kmを超えるという万里の長城を観光する際には、ぜひ見ておきたいスポットがいくつもあります。その一つが、「.慕田峪の長城」です。慕田峪の長城は、万里の長城の中でも最も壮大と言われ、外国人観光客にも大変人気のある場所です。監視塔や要塞が長城に沿って並んでおり、壁の両側に矢や鉄砲を打つための穴が開いています。次に、「金山嶺の長城」があります。

数ある長城の中でも最も美しい長城と言われています。金山嶺の長城は、半分ほどが修復されていますが、もう半分は壊れたままです。それから、「司馬台の長城」があります。司馬台の長城は、明の時代からそのままの険しく勇ましい姿を残していると言われ、勾配が急で、天梯(天にのぼる梯子)とも呼ばれています。秋になると美しい紅葉が見られる場所でもあります。

万里の長城は、世界遺産の中でも他に類を見ない壮大な遺跡です。中国の長い歴史の中で、造成しては破られ、また強固に造成するといった作業を何度も繰り返し、現在の姿になりました。万里の長城の歴史は中国という国の歴史そのものといっても過言ではありません。壮大な歴史を感じ、迫力ある景観を目の当たりにできる一度は訪れたい観光スポットです。