カンボジアのアンコールワットは午後がおすすめタイム

私は、先月カンボジアに行ってきました。観光、インターンシップ、語学学校での英語学習を含めた留学でした。3週間、シェムリアップに滞在しました。この都市はアンコールワットで有名です。クロマーツアーズ という旅行会社のもと、アンコールワット、バイヨン、タプロームを見て回りました。

建物の階段は急で、上るのにはとても苦労しましたが、上からの眺めは最高でした。そして、世界遺産のアンコールワットは写真スポットですよね。ツアーで回ったとき、どうして一番最初に行かないのだろう、と思っていたのですが、午前中だと逆光によりきれいに映らないため、午後をおすすめしているようです。夕方は日の出と重なり、昼間とは違う絶景が見られますよ。

バイヨンはアンコールトムの真ん中にあり、宇宙の真ん中を意味しています。神の顔が約196つあると説明されました。タプロームは、アンジェリーナジョリーが出演しているトゥームレイダーという映画の舞台となっていおり、樹齢300~400年は超えるほどの大迫力の木であります。一日で3か所観光したのですが、暑さ、歩き疲れが少々だったので、行くときには水分をお忘れなく、あと露出度の低い服装と、スニーカーで行くのが良いと思います。

ちなみに、日本語ガイドはペラペラで、とても分かりやすい解説でした。カンボジア人自体がユーモアあふれ、フレンドリーな性格なので、この旅はとても楽しいものとなりました。歩いてても積極的にこんにちは、と話しかけてくれますよ。

シェムリアップはパブ・ストリートという欧米人がたくさん集まるスポットがあり、夜は歩行者天国になり、祭りのように楽しい街になります。そして、現地のカンボジア人もたくさん話しかけてくれて、楽しいです。レストランも日本より物価が安く、1~5$程度で十分な食事ができます。屋台では日本にはない虫が売られていることもあるので覗いてみてくださいね。